空港着の飛行機を検索

南紀白浜空港発羽田着の路線情報

南紀白浜空港から羽田空港へ向かう飛行機は1日あたり3便ですべてJALで運航されています。所要時間はおよそ1時間10分です。始発便は9時15分頃発でその次の便が12時10分頃発そして最終便は18時30分頃発となります。

南紀白浜空港発羽田着空港情報

南紀白浜空港の概要
南紀白浜空港は和歌山県の白浜町にある地方管理空港で、本州最南端にあり、県内唯一の空港です。運用時間は8時から19時40分までとなっており、2016年8月現在、羽田空港行きの便が日本航空によって運航されています。空港は周辺に観光エリアでもある南紀があるため、観光客を中心に利用されています。空港には無料で利用できる屋外駐車場があり、旅客ターミナルの屋上には滑走路が見渡せる展望デッキがあります。

主要駅から南紀白浜空港へのアクセス

明光バスがJR白浜駅から南紀白浜空港までのリムジンバスを運行していて、空港までは約20分で行くことができます。また、JR白浜駅からは、定期観光バスが南紀白浜空港まで発着しています。JR白浜駅から自動車などを利用して一般道で空港に行く場合、北側の県道31号線や南側の県道214号線を通ると渋滞なしの場合で約10分かかります。

南紀白浜空港の駐車場情報

南紀白浜空港のすぐ近くには大きな駐車場があります。南紀白浜空港旅客ターミナルのすぐ隣にあり、229台の車を駐車することができます。夜間時間帯となる、21時から翌朝の5時30分までは、施錠されてしまうため、車の出入りが出来ません。料金については完全無料です。空港館内にはレストランやお土産屋、展望デッキなど楽しめる施設もありますので、旅行者だけでなく空港見学者も利用するのに便利な駐車場です。

羽田空港の概要

羽田空港は、東京都大田区にある日本最大の空港です。24時間運営の国内線ハブ空港であり、利用者数、航空機発着数、航空貨物なども最大級で、我が国において重要な空港であるといえます。羽田空港では、第1ターミナルと第2ターミナルに分かれており、京急線やモノレールが乗り入れています。また、イベントの開催や展望デッキの設置、ショッピング・グルメなどのサービスを充実させるなど、空港自体が観光スポットにもされています。

主要駅から羽田空港へのアクセス

羽田空港からの交通アクセスは、モノレールを使用すれば浜松町駅まで約25分でそこから新宿方面などの都心や埼玉県方面へアクセスできます。また、京浜急行を使用すれば、成田空港方面へも乗り換えなしで行ける電車も出ています。また、バスによる移動も便利で、ディズニーリゾート方面や千葉方面などへアクセスできます。

羽田空港の駐車場情報

羽田空港付近のおススメの観光スポットの一つに浜離宮恩賜公園があります。都会の真ん中にあるにも関わらず、四季折々の豊かな自然と、風情のある庭園を味わうことができます。春の桜、秋の紅葉のほか、季節季節に見ごろを迎える花のある公園として有名ですが、国の特別名勝及び特別史跡にも指定されている由緒ある公園です。特徴の一つは潮入の池で、海の水を引き込んでいるので、満ち引きによって趣を変わるというものです。水上バスの乗り場もあるので、ここから、小さなクルーズに出発することもできます。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「南紀白浜⇔羽田」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「南紀白浜⇔羽田」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「南紀白浜⇔羽田」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

南紀白浜⇔羽田 利用者の体験談

家族旅行で白浜まで行ってきました。

私はパンダを見たいという小学生の娘にせがまれて、家族旅行で和歌山県の白浜の動物園まで行ってきました。憧れのパンダに会えた娘は大喜びで、とても楽しい旅行でした。帰りは南紀白浜空港から羽田空港まで飛行機を利用しました。南紀白浜空港は地方のローカル空港ですが、ジェット機の離発着が可能で、羽田空港までわずか1時間10分で到着しました。長旅で少し疲れていましたが、飛行機はあっという間に羽田に到着したので、とても身体が楽でした。

紀伊半島の有名な観光地

南紀白浜は紀伊半島の先で、観光地として全国的に知られています。とても美しい場所ですが、とにかく交通の便が悪く、意を決して観光客は目的地へ向かう必要があるようです。地元民としては、南紀白浜空港ができたことによって都心へのアクセスが良くなりました。南紀白浜空港発、羽田行きの飛行機が増発され、確約高級犬が増えたことによって都心へ行きやすくなりました。また、逆に都心からの観光客が増えたことも喜ばしいことです。

和歌山からの帰りに使いました

先日私は和歌山から東京の帰りの便で南紀白浜〜羽田を使いました。観光地では和歌山の土産を買い忘れてしまいましたので、空港内の2階にある売店で名産品をたくさん買う事が出来ました。羽田は夜19時すぎに到着する便だった事から夕飯を食べたのですが、とてもおいしい海鮮丼を食べられたのでとても幸運でした。和歌山での観光は動物園や海水浴が出来ましたので、思い出に残る旅行となりました。今後も時間とお金に余裕が出来たら行きたいです。

パンダに会いにいざ白浜へ

春休みの家族旅行で、パンダ大好きな息子のリクエストに応えて南紀白浜アドベンチャーワールドへ行ってきました。関東方面からだと、やはり空路が一番便利かと思います。陸路ですと、新幹線〜特急乗り換え、さらにバスかレンタカーでの移動になりますので、少し手間がかかるように思います。今回は羽田から南紀白浜へ、空港からはレンタカーでしたので、旅の移動はスムーズでした。春休みの羽田はさすがに少し混んでいましたが、和歌山方面は比較的空いておりゆったり空の旅を楽しむことができました。