空港着の飛行機を検索

種子島空港発鹿児島着の路線情報

種子島空港から鹿児島空港へ向かう飛行機は1日あたり3本で、すべて日本エアコミューターで運航されています。所要時間はおよそ35分です。始発便は9時55分頃発でその次の便は11時頃35分発そして最終便は17時5分頃発となっています。

種子島空港発鹿児島着空港情報

種子島空港の概要
種子島空港は鹿児島県の種子島にある地方管理空港で、運用時間は8時30分から18時30分となっています。地元の人からは「コスモポート種子島」という愛称でも知られています。年間の利用客数は2013年度では約7万3千人で、鹿児島空港へ向かう路線があるほか、年末年始等の繁忙期には臨時便として大阪国際空港行きの飛行機が運航されています。

主要駅から種子島空港へのアクセス

種子島には、鉄道がありません。島内での移動は、島の各地より運行している空港へのリムジンバスが便利です。もしくは、タクシーや車での移動ということになります。島の外からは、フェリーや飛行機での移動ということになるでしょう。例えば、鹿児島本線の終点である鹿児島駅からは、市電やバスやタクシーなどで、鹿児島本港南埠頭まで行き、その後、フェリーで種子島へアクセスすることができます。

種子島空港の駐車場情報

種子島空港の駐車場は240台の車が収容可能となっています。この種子島空港駐車場の利用可能時間は7時半から18時半までの間と限られているので、利用をする際は注意が必要です。なお、この時間は旅客取り扱い施設の営業時間にリンクしているので、送迎などで利用する分には支障はありません。駐車場の場所は空港ターミナルビルの正面なので、駐車場からすぐに旅客ターミナルにアクセスできます。

鹿児島空港の概要

鹿児島空港は鹿児島県霧島市にある国管理運営空港です。1932年に鹿児島市に開業したのが起源です。1972年に現在の位置に移転しています。日本航空や全日空をはじめジェットスター・ジャパンやフジドリームエアラインズなど様々な航空会社が乗り入れています。運用時間は7時30分から21時30分ごろとなっています。利用者数は九州において福岡空港につづく第2位です。鹿児島市から空港連絡バスが約10分間隔で運行されています。

主要駅から鹿児島空港へのアクセス

鹿児島空港は、鹿児島県霧島市溝辺町にある空港です。近隣主要駅へのアクセスとしては、高速バスの利用が便利です。鹿児島県の代表的な駅である鹿児島中央駅へのアクセスは直通の高速バスがあり、約40分で鹿児島中央駅へ到着します。他にも県内へのアクセスのみならず、県外への直通バスが運行されていて、熊本県、宮崎県や福岡県へもアクセスできます。

鹿児島空港の駐車場情報

鹿児島空港の周辺にある観光スポットといえば、霧島温泉郷です。鹿児島は温泉で有名であるが、この霧島温泉郷は九州の中でも大きな温泉街であり、さまざまな泉質の温泉が存在しています。標高が高いところにあるため、展望を自慢する宿も多く、湯けむりが街全体に立ち込めている風景には温泉に来ていることを実感させてくれます。中には霧島最古とも呼ばれる岩ぶろの名所もあり、それらの温泉を求めて、全国から多くの人が訪れています。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「種子島⇔鹿児島」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「種子島⇔鹿児島」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「種子島⇔鹿児島」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

種子島⇔鹿児島 利用者の体験談

快適な空の旅をする事が出来ました

私は鹿児島市内に用事があったので、種子島空港から鹿児島空港への航空便を使いました。種子島に住んでいる私は市内を縦断するシャトルバスを使って空港に行きましたが、飛行機出発時刻の30分前に空港に到着する時刻に設定されているので、ゆとりを持って空港に行く事ができました。種子島空港内は玄関を入るとすぐに受付カウンターがあり、数メートル先に搭乗ゲートがあるので初めて使う人でも迷う事はありません。鹿児島空港は、到着ロビーの目と鼻の先に手荷物受取場がありましたのでとても楽でした。

旅行の際に空港を利用した時の感想

鹿児島県の種子島へ向かうために、福岡空港発の飛行機に乗って、鹿児島空港まで向いました。空港の内部はとても広く、様々なショップやレストランがあったので、種子島へ向かう飛行機の搭乗時間まで、充実した楽しい時間を過ごすことが出来ました。驚くことに、足湯の施設が空港内にあり、フライトで疲れた体を癒やすことが出来るという素晴らしいサービスに、流石良質な温泉で有名な県はサービスも違うものなのだと、大きく感心してしまいました。

1日限りの休みも充実!

いつも仕事で忙しく、やっと取れた1日だけの休み。種子島へサーフィンに行ってきました!種子島空港ではレンタカーが空港玄関のすぐそばにあるので、本当に時間を有効活用できます。鹿児島への飛行機も1日4往復あるため、日帰りでも有意義に過ごすことがきます!そして、全力で遊びきり、最終便で鹿児島に帰っても、鹿児島空港で足湯を利用したので、疲れも吹っ飛びました!心身ともにリフレッシュし翌日からの仕事も、また全力で打ち込めます!

離島からの移動は飛行機で

鹿児島に用事があったため種子島から鹿児島まで飛行機でいきました。種子島空港は離島内の空港であるためあまり派手な設備はありませんでしたが利用する上ではかなり利便性が高い場所にあり館内設備も最小限ですが快適でした。鹿児島空港は種子島の倍以上の広さがある立派な空港で館内施設には飲食店が軒を連ねておりおみやげなどをここで購入することもできました。今回は久しぶりに飛行機を使いましたが鹿児島空港の広さには感心しました。