空港着の飛行機を検索

鳥取空港発羽田着の路線情報

鳥取空港と羽田空港間には、全日空が一日5便を就航しています。朝の7時台から18時まで約2時間間隔で運行されています。フライト時間は約1時間15分です。

鳥取空港発羽田着空港情報

鳥取空港の概要
鳥取空港は、鳥取市内から約7kmの距離の砂丘地帯に位置しています。平成27年3月1日に、鳥取県出身の青山剛昌さんの漫画「名探偵コナン」にちなんで、「鳥取砂丘コナン空港」という愛称がつきました。アクセスはJR山陰本線鳥取駅からバスで約20分で、倉吉駅からはバスで約45分です。滑走路の南にある国内線用ターミナルビルの3階には送迎デッキがあり、コイン式の望遠鏡が2台あります。

主要駅から鳥取空港へのアクセス

鳥取空港には、日ノ丸自動車が定期連絡バスを2路線運行しています。JR鳥取駅からは約20分で、JR倉吉駅からは約45分でアクセスすることができます。昼の東京行便に合わせて三朝温泉発、倉吉駅経由の連絡バスが運行しています。また、午後の東京行便2便に合わせて青山剛昌ふるさと館から出発するバス便があり、倉吉駅経由で鳥取空港にアクセスしています。

鳥取空港の駐車場情報

鳥取砂丘コナン空港には、第一駐車場・第二駐車場・第三駐車場の3つの大きな駐車場があります。第一駐車場の収容台数は438台。第二駐車場の収容台数は145台。第三駐車場の収容台数は82台です。合計で667台の収容能力があります。第三駐車場にはEV充電用駐車場が2台分あります。もっともターミナルビルに近い駐車場は第一駐車場です。駐車料金は無料です。利用時間は、午前5時から午後10時30分までになります。

羽田空港の概要

羽田空港は日本で最大の面積を誇る空港で、東京の大田区にあります。1931年に東京飛行場として開港して以来、一時アメリカの占領下に置かれましたが、1952年の返還と同時に現在の東京国際空港(通称羽田空港)に改名し運用が開始されました。年間の旅客数や離発着回数は国内最大であり貨物の取扱い量も国内2位の、世界的に見ても有数の規模の空港となっています。国内線の第一旅客ターミナルと第二旅客ターミナルの間は、地下の動く歩道や羽田スカイアーチの歩道で移動できるほか、無料のターミナル間連絡バスで移動する事も出来ます。

主要駅から羽田空港へのアクセス

羽田空港は、大田区羽田空港にある国内最大の空港です。都内の主要駅へのアクセス手段としましては、浜松町駅に向かう東京モノレール羽田空港線、蒲田駅へ向かう京急電鉄の京急空港線、東京空港交通が運営する高速リムジンバスがあります。浜松町駅・蒲田駅共に他の路線へ乗り換えて目的地に向かうことができます。リムジンバスは、東京駅・新宿・渋谷・六本木などの都内の繁華街だけでなく、立川などの郊外エリアや埼玉、千葉方面へも運行しています。

羽田空港の駐車場情報

羽田空港から近い観光スポットでは、お台場エリアが有名です。大型の商業施設が充実したエリアで、買い物や食事を充分に楽しめます。その中でも「パレットタウン」は特に有名です。アウトレットモールやアミューズメント施設などがあります。シンボルともいえるのは「大観覧車」で、東京スカイツリー、東京タワー、レインボーブリッジなどの東京の名所を一望できるスポットです。羽田空港からは電車かバスでアクセスでき、どちらの方法でも20〜30分ほどで到着します。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「鳥取⇔羽田」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「鳥取⇔羽田」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「鳥取⇔羽田」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

鳥取⇔羽田 利用者の体験談

出発までのんびり過ごせる落ち着く空港

この前、鳥取から羽田まで初めて飛行機を利用しました。鳥取空港には大型の駐車場が完備されているため、何の問題もなく車で行けるので便利です。また利用客が多すぎず、空港内ではゆったりとした時間を過ごせますし、お土産選びも飲食店でも落ち着くことができて、出発までのんびり過ごせたのが良かったです。到着した羽田空港は空港内がとても広かったため、利用客が多くても混雑した感じはしませんでした。そして、交通のアクセスが良いので待ち時間も少なく移動できて、本当に便利だと感じました。

またいきたくなる空港

仕事の関係で羽田空港をよく利用しています。羽田空港は最近国際線が開通し、ターミナルも広くなってとても利便性が増しました。特に、よく利用している空港が、鳥取空港で、こちらの空港は観光地からのアクセスがとても良くて評判です。また、小さめのターミナルになってしまうのですが、そこがお勧めのポイントで、チェックインしてから搭乗口まで直ぐですので、時間にも余裕が出来るところも、人気の高い理由の一つかもしれません。

米子鬼太郎空港には鬼太郎がいます

以前、島根県に旅行に行こうと思い予約を取ろうとしましたが、島根の空港がいっぱいで鳥取の空港を利用しました。その名も米子鬼太郎空港といって、海の幸で有名な境港にも近いこの空港は、二つの県にまたがり、とても便利です。また、電車も近く、バスも何本も通っているので、交通の便もよかったです。羽田までも1時間半と近く、あっという間に到着します。羽田空港はとにかく広くて、たくさんのお店が入っていますので、到着したら空港内のカフェで一息ついてから帰宅するのもおすすめです。

飛行機だと、どこでもすぐ着きます。

私は出張が多いため、飛行機を利用する機会がたくさんあります。この前も、鳥取から羽田まで行くのに、飛行機を利用しました。電車だと遠く感じる距離ですが、飛行機だとほんの一瞬で着きます。そのため、飛行機内はパソコンで仕事をする時間もないので、移動中の時間は、コーヒーを飲んだり、音楽を聴いたり、リラックスタイムとして使っています。長時間椅子に座ってなくていいため、腰も痛くなりませんし、本当に飛行機は便利です。



Copyright (C) Evolable Asia All rights reserved.