空港着の飛行機を検索

神戸空港発羽田着の路線情報

神戸市の空の玄関口である神戸空港から羽田空港へは、ANA(全日空)とスカイマーク・エアラインズの2社が運行しています。フライトは朝は7時過ぎから、夜は9時過ぎまであり、所要時間は約70分です。神戸方面から東京へは伊丹空港(大阪国際空港)をご利用される方も多いようですが、神戸市内からのアクセスの良さを考えると神戸空港を利用するのも一つの手といえるでしょう。朝の時間帯のフライトはビジネスでご利用される方も多く、混雑することもあるので、直前だと予約は難しいかもしれません。

神戸空港発羽田着空港情報

神戸空港の概要
神戸空港は、神戸市の中心部から南へ約7キロメートルの地点に浮かぶ人工島に建設された空港です。2006年2月16日に開港しました。空港島の面積は約270ha、滑走路は全長約2500メートルです。市の中心である三宮駅から空港までは神戸新交通ポートライナーで結ばれており、所要時間は約18分です。2017年7月現在、ANA(全日空)とスカイマークエアラインズの2社が運航しており、神戸空港と日本の各地を結ぶ多くの路線があります。

主要駅から神戸空港へのアクセス

神戸空港には、神戸新交通ポートアイランド線(通称ポートライナー)が乗り入れています。近隣主要駅であるJR三ノ宮駅および私鉄各線三宮駅(阪神・阪急・神戸市営地下鉄)からの所要時間は約20分になっています。日中は1時間あたり6〜9本の運転間隔で運行しています。また、三田・垂水などへの兵庫県内各都市、徳島・出雲などの近隣都市へはリムジンバスの直通運行もあります。関西国際空港とはベイシャトルで結ばれていて、両空港間の移動所要時間は、約1時間です。

神戸空港の駐車場情報

神戸空港には第1駐車場・第2駐車場があります。収容台数は第1駐車場で660台、第2駐車場で590台。料金は1時間あたり150円です。ただし、1日あたりの上限は1500円に設定されています。飛行機の搭乗者は割引を受けることができ、駐車後24時間までは無料となります。24時間経過後も1日あたりの料金の上限が1000円です。駐車場とターミナルビルの間は歩行者通路を歩いて移動できます。

羽田空港の概要

羽田空港は、東京都大田区にある「都心に最も近い」空港です。利用者数が世界的に見ても平成25年度で第5位になるぐらい多く、日本の中でも栄えている空港の1つと言っても過言ではありません。各航空会社のハブ空港にもなっていることから、国内線の本数も非常に充実しています。羽田空港は首都圏における航空需要の増大の課題にかかせない空港であるということから、拡張事業にも力が入れられています。これからもますます便利になることでしょう。

主要駅から羽田空港へのアクセス

羽田空港からは京急線、東京モノレール、各種リムジンバスなどが運行されています。京急線を利用して品川方面、横浜方面へ乗り換えなしで訪れることが可能で、所要時間もそれぞれ20〜30分程度になっています。東京モノレールはJR浜松町駅まで直通運転しており、最速20分程度で訪れることができます。リムジンバスは東京都心部以外に、東京郊外・神奈川・千葉・埼玉など多方面へのアクセスが可能です。路線によっては、10〜20分ごとに運行されていることが多いようです。

羽田空港の駐車場情報

羽田空港がある東京都大田区には様々な観光スポットがあります。日蓮宗の古刹寺院である池上本門寺や縄文時代の末期の貴重な遺産である大森貝塚があります。昭和を代表する文豪の三島由紀夫が住んでいた旧邸が今でも大切に保存されています。彼の文学を愛する人達で大変な賑わいを見せています。羽田空港からだと東京モノレールや京浜東北線などの鉄道や、都営バスを利用すると、こちらの観光スポットに行く事ができます。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「神戸⇔羽田」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「神戸⇔羽田」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「神戸⇔羽田」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

神戸⇔羽田 利用者の体験談

市内中心部からアクセス良好な空港

神戸から東京へ行く交通手段には新幹線もありますが、飛行機だと1時間程度で神戸空港から羽田空港へ着き、拘束時間が短いので気に入っています。どちらも市街地からアクセス良好な空港で、神戸空港へは三宮から20分程度です。空港内にはレストランや神戸で人気のスイーツを扱うショップも多く、少し早めに行って食事やお土産を買うこともできます。空港内のお店が充実しているのは羽田も同じ、空港としてではなくショッピングセンターのような感覚で利用できるのが神戸から羽田へ行くときに一番楽しみなことです。

約70分で東京に行けます

先日私は神戸から東京に行く際にどのような交通手段で行くかを検討しましたが、最もリーズナブルだと感じた航空便を使用して神戸空港〜羽田空港の路線を往復しました。神戸空港は大阪湾に浮かぶ人工島にありますが、新交通システムを使って市内から移動しましたので30分程度で空港に着く事ができました。羽田空港へは70分で到着し、手荷物受取や空港内の移動等もスムーズに行う事が出来ました。またリピートしたいと感じた旅行でしたので、次回も飛行機を使おうと思います。

東京出張は飛行機を使って

東京出張に向かうために神戸空港から羽田まで飛行機で行きました。神戸空港は地元民ながらも使うのは今回がはじめてでしたがかなり近代的で神戸市内からのアクセスも簡単にできスムーズに空港まで行くことができました。そして羽田空港も久しぶりに使いましたが羽田はやはり別次元の規模で飛行機を利用する人以外でも楽しめる設備が充実していました、羽田空港では食事とショッピングを楽しむことができましたから非常に有意義な時間をすごせました。

駅から近い、子連れに優しい空港

大阪伊丹、関西と大きな空港が軒を連ねる中、神戸空港は街の中心からとても近いことが最大の強みです。東京への旅行を考えた時、小さな子連れではできるだけ移動時間を短くしたかったので、迷わず神戸空港から羽田までの飛行機を選びました。コンパクトな建物はむしろ小さな子が歩くのに都合よく、出発まで飛行機の発着を眺めたりしながら楽しく過ごせました。1時間もかからないフライトでは退屈よりもう少し長く乗っていたい気持ちの方が残り、子どもにとってもよい思い出になりました。