空港着の飛行機を検索

神戸空港発那覇着の路線情報

神戸空港から那覇空港へ向かう飛行機は、1日あたり全日空が3便でスカイマークが2便の合計5便です。所要時間はおよそ2時間となっています。始発便は全日空の8時20分頃発で、最終便も全日空の17時5分頃発です。

神戸空港発那覇着空港情報

神戸空港の概要
神戸空港は、2016年9月現在6路線の国内線(札幌・東京・茨城・長崎・鹿児島・沖縄)を運航している地方管理空港で、運用時間は7時から22時です。駐車場と合わせた敷地面積は271.6ヘクタールです。人工島に位置しており、関西の主要な空港の1つとなっています。神戸の中心都市三宮からポートライナーで約20分であり、非常にアクセスのよい空港です。また、ターミナルの駐車場も利用できます。淡路島・徳島へは直行バスが運航しています。

主要駅から神戸空港へのアクセス

ポートアイランドと連結橋でつながる神戸空港は交通の利便性がよく、三宮駅からは約15分ほどで空港に着きます。JR神戸駅から空港までのアクセスは、東海道山陽本線・各駅停車の京都行きの電車に乗り、2駅先の神戸三宮まで行きます。三宮からは神戸新交通ポートライナー・各駅停車の神戸空港行きに乗ると空港に到着です。

神戸空港の駐車場情報

神戸空港には、第1駐車場と第2駐車場があり、合計で約1250台収容可能です。30分以内の利用は無料で、それ以降は24時間1500円を上限として、1時間当たり150円で利用できます。24時間以降の料金も同様に、24時間ごとの上限1500円、1時間当たり150円となります。搭乗者の場合、保安検査後、搭乗待合室内の割引機に駐車券を入れることで、24時間まで無料となる割引サービスが受けられます。駐車場内の南西にバイクや自転車用の駐車スペースがあり、無料で利用できます。身体障がい者用駐車場は、ターミナルビルの東側にあり、障がい者割引料金を利用すると半額になります。出庫前に1階総合案内所で手続きをします。

那覇空港の概要

那覇空港は、沖縄の玄関口として、沖縄県那覇市に位置する空港施設です。昭和47年5月の本土復帰に伴い、米軍から返還されて以来、第二種空港として指定されました。利用者数は、日本国内で第6位、滑走路が一本の空港としては2番目に利用度が高い空港とされ、沖縄地域のハブ空港、国内幹線空港の一つでもあります。24時間運用が可能な空港の一つでもあります。那覇空港ターミナル駅と直結しており、那覇市を通り、最終駅である首里駅までは約27分とアクセスも便利です。

主要駅から那覇空港へのアクセス

那覇空港は沖縄県那覇市にあり、那覇近郊の観光地へアクセスしやすい場所に位置しています。移動手段としてバスやタクシー、沖縄都市モノレールがあり、国際通りへはバスを利用する場合、牧志経由に乗車することで行くことが出来ます。モノレールを利用する場合は、県庁前駅・美栄橋駅・牧志駅などで下車できます。終点は首里城駅です。また、主要リゾートホテルを経由する空港リムジンバスも運行しています。

那覇空港の駐車場情報

那覇空港から国道またはユイレールを使って10分程度の場所に国際通りと呼ばれる繁華街があります。ここは道に沿ってずらりとお店が立ち並び、沖縄のお土産の購入やモールの開催による客足の多さで賑わっています。戦争が終わったのちに栄えた繁華街で、その距離が約1マイルであることから奇跡の1マイルとも呼ばれています。毎週日曜日に模様されるモールでは、ミニライブや大道芸などの様々なイベントが行われています。日中は歩行者天国になるため、車を気にすることなく楽しんでショッピングができます。
※文章内でご紹介している路線情報・空港へのアクセス方法・駐車場情報は2016年8月に調査した情報です。最新の情報は各種空港や航空会社の公式サイト等でご確認くださいませ。
「神戸⇔那覇」間の航空券を取り扱う「エアーズゲート」はJAL、ANA、スカイマーク、フジドリーム、スターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア、ピーチアビエーション、ジェットスタージャパン、バニラエア、春秋航空日本などのLCCを含む国内航空会社を横断し、「神戸⇔那覇」間の飛行機チケット料金の最安値を探して航空券を片道・往復で予約出来るサイトです。急な出張などで「神戸⇔那覇」の飛行機のご利用にも対応!最大ご搭乗3時間前までご予約可能。チケットレスサービスだからメールアドレスがあればご搭乗OKです。

神戸⇔那覇 利用者の体験談

2時間で沖縄に行けました

先日神戸から沖縄那覇に行った際に航空機を使ったのですが、とても快適な旅をする事が出来ました。神戸空港は市街地から離れていますが、新交通システムを使えばあっという間に着きますので海を眺めながら移動していました。沖縄那覇は那覇市の近郊に位置しており、モノレールがすぐ近くを走っているので到着後の乗り換えがとてもスムーズに行きました。航空機の搭乗は2時間という短さでしたので、仮眠を機内でしていればすぐに着いてしまうような感覚でした。

南国気分を満喫しました

自宅のある神戸から沖縄まで飛行機で旅行に行ってきました。一緒に行く友人と神戸空港に現地集合、なれない空港に戸惑いならがらも係りの人の優しい声掛けのおかげで、迷わず搭乗することが出来ました。沖縄那覇空港に降り立つと、そこはもう南国気分。空港の中のショップや飲食店もやはり南国をイメージするものが多く、行きかう人々のファッションも開放的。まだ空港に居るもかかわらず、ショップをあちこち見て周り観光気分を味わえ、現地の観光プラス空港でも観光でき、2倍楽しめた沖縄旅行でした。

交通費を節約できる空港はここ

神戸空港から沖縄那覇まで、格安の航空会社を利用して旅行しました。午前中早い時間に到着する便は現地での時間が多く取れるため人気があるのですが、大きな空港では大手の航空会社が乗り入れている場合が多く、あまり時間帯を選べません。けれど神戸からなら早朝出発でも安いチケットを選べるし、街の中心から近いのでアクセスにもあまり交通費がかかりません。おかげで早く沖縄に到着し、交通費を節約した分、マリンスポーツを思い切り楽しむことができました。

アクセスの良い沖縄旅行

先日、神戸空港発、沖縄那覇着の飛行機を利用して旅行しました。神戸空港の利用は初めてでしたが、三宮からのアクセスも良く、便利なうえ、和食、洋食と、レストランも色々揃っていたのも良かったです。沖縄那覇空港は、美しい海が見えるトロピカルな雰囲気が素敵でした。モノレールやバス、タクシーなど、交通手段もたくさんあるので、アクセスも良かったです。モノレールを利用して街まで出ましたが、子供達もとても喜んでいました。